【解答速報】2023年7月 木造建築士「試験終わった〜おばさんの集中力は60分が限界」

2023年7月24日月曜日

5chまとめ

t f B! P L
木造建築士とは?
 建築士は、建築物の設計や工事監理などを担当する資格者であり、一般的には以下の3つの主要な職務に分かれます:設計業務、工事監理業務、手続き業務。 設計業務では、基本設計や実施設計などの業務を行います。

具体的には、建築物の設計図や仕様書の作成、構造や間取りの計画、外観や内装のデザインなどが含まれます。
 工事監理業務では、建築工事が設計図に合致して進行しているかを監視・管理します。
施工の進捗状況の確認や品質管理、施工者とのコミュニケーションなどがこの職務に含まれます。

 手続き業務では、建築前の調査や建築工事契約に関する事務手続きを行います。建築許可の申請や関連文書の作成、法令や規制の確認などがこの職務に含まれます。

 建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3つの資格があります。
一級建築士は、あらゆる構造や規模、用途の建築物に対して設計や工事監理を行えます。
二級建築士は、比較的小規模な建築物に限定して設計や工事監理を行うことができます。
木造建築士は、より小規模な木造建築物の設計や工事監理に特化した資格です。

合格基準

学科の試験
各問題1点とし、各学科25点満点、合計100点満点中、各科目および総得点の合格基準点以上の得点の者を合格とします。

2021年度

学科I(建築計画):13点
学科II(建築法規):13点
学科III(建築構造):12点
学科IV(建築施工):13点
総得点:59点
2020年度

学科I(建築計画):13点
学科II(建築法規):13点
学科III(建築構造):13点
学科IV(建築施工):13点
総得点:60点

解答速報



SNSの反応

試験終わった〜おばさんの集中力は60分が限界

やはり建築士試験と施工管理技士試験は別物。圧倒的に勉強時間が違う。どっちも受けてる僕にとって、現場経験もあるけど、100倍は違う

法規はぱっと見解き安かったと思う。

建築士試験並みの難易度の資格試験は暫くいいかな時間を持っていかれすぎるし財布に優しくない疲れるので何事も緩く行きたい

建築士試験、大阪ビル火災の関連が正しい肢で出た気がする。事務所ビルの方針みたいなやつ。事例が思ったより少なかった…しかもわからんやつしかない

自己紹介

自分の写真
ご覧いただきありがとうございます。 色んな情報を簡単にまとめていきます。

相互RSS

Link

プライバシーポリシー

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ